顎関節症について

顎関節症について


何かを食べようとして口を開けたり、あくびをした時に「カクン」と音がなったり、噛んだ時にアゴの関節や耳が痛くなったりすることがありませんか?

これらの症状は顎関節症と呼ばれるものです。

 

・食事をしているとアゴがだるくなる

・顎関節の周辺に違和感を感じる

・口を開閉した時に「カクン」「コキン」と音がする

・口の開閉がスムーズにできない

などの症状を起こすことで知られています。

 

顎関節症の原因とは?

 

ストレスなど、精神的な緊張により顎周辺の筋肉が緊張して噛み合わせのバランスが崩れたり、くいしばりや歯ぎしりなど顎関節に大きな負担がかかることで噛み合わせがずれたりします。
ずれることにより顎関節への負担による間接円盤と呼ばれる軟骨のズレや、咀嚼筋と呼ばれる食べ物を噛んで飲み込む際に働く筋肉が主な原因と考えられています。

 

顎関節症の治療について

 

顎関節症の一般的なアプローチ方法は、マウスピースを使って噛み合わせを整え、顎関節への負担を軽減する方法や、マッサージや開口訓練などで、咀嚼筋の緊張をほぐす、鎮痛剤や湿布などで顎関節の炎症を抑えるなどが多く行われています。

 

つまり、顎関節周辺の筋肉や咀嚼筋をほぐし、ストレスによる自律神経の緊張を和らげることが大切となっているので、実は、鍼灸治療がとても有効な症状だと言えます。

 

顎関節周辺の筋肉や咀嚼筋に対して鍼で刺激すると、筋肉が柔らかくなり噛み合わせも整いやすくなります。また、鍼治療は自律神経を整えるのに、非常に高い効果を発揮することで知られているので、顎関節症の症状改善に有効な手段だと言えます。

 

顎関節症でお悩みなら当院にお任せください。

 

顎関節症でお悩みなら中野区にある哲学堂鍼灸院にお任せください。

当院では安心して施術を受けて頂けますよう、カウンセリングを重要視しています。お客様のお話を聞きながら心配や不安な点を解消していきます。       

 

お悩みの方は一度お気軽にご相談下さいませ!お待ちしております。

 

CONTACTお問い合わせ

哲学堂鍼灸院
TETSUGAKUDOU