ヘルニアについて

ヘルニアについて

背骨の腰の部分にある腰椎は、姿勢や動作を支えています。この腰椎は五つの椎骨で構成されていますが、椎骨と椎骨の間には椎間板があり、これがクッションの役割を果たしています。この椎間板に何かしらのことが原因となるひびが入って、その中にあるゼリー状の組織が飛び出し、神経を圧迫する病気が椎間板ヘルニアです。ヘルニアは特に10から40歳代の若い世代に発症しやすいとされています。

原因と症状

ヘルニアを発症する原因の一つには、遺伝的な要素が強いと言われていますが、タバコを吸うことも関係すると言われています。具体的な症状としては、腰痛から始まるのが一般的であり、その後お尻や足などにしびれや痛みが生じ始めます。

ヘルニアを患っているけれども、症状を発症するのはごく一部とされています。どのような場合に症状が現れるのかと言うと、神経への圧迫の強さや仕事上の満足度の低さ、不安やストレスなどが大きく関係しています。その中でも不安やストレスなどの精神的要因は、症状を長引かせることにもなり、慢性的な腰痛を引き起こすことにもつながります。多くは特に対策を行わなくても、半年ほどで自然に消失すると言われています。とはいえ自然に消えにくいものも存在するため、早めに専門家に相談することをおすすめします。

ヘルニアでお悩みの方は当院にお任せください

鍼灸治療は血液循環の改善や体内疲労物質の除去、細胞の再生を促進、神経の興奮鎮静化などを得意としている治療法です。ヘルニアに対するいわゆる保存療法で経過を見ているよりも治療効果があると考えています。

ヘルニアの原因となった椎間板周辺の組織や痛みのある部位、痺れが起きている部位に関係するツボを鍼治療で刺激することで、血行を増やして患部組織に栄養を与え、組織の再生を促し、神経の興奮を鎮静化させることで痛みや痺れを緩和させて行きます。

また、患部を支える筋肉や靭帯の凝りや緊張を取り除くことで椎間板にかかる負担を軽減して行きます。少しでもヘルニアを疑うことがありましたら、すぐ哲学堂鍼灸院にご相談ください。

 

CONTACTお問い合わせ

哲学堂鍼灸院
TETSUGAKUDOU