坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアが原因の約9割を占めている疾患です。

原因と症状

坐骨神経痛の症状を起こす原因には、
・椎間板ヘルニア
・脊椎分離・すべり症
・脊柱管狭窄症
・梨状筋症候群
などなど、様々な病状が坐骨神経痛を引き起こします。

坐骨神経痛の症状にあたるのは、太ももの後ろから足までに広がる痛みで、お尻に痛みを感じる人もいます。坐骨神経痛を患うと長時間立っているのが難しくなり、腰を反らすなどの動作で痛みを増すことがあります。痺れを伴う症状の場合は、立っているどころか座ることも困難になります。

一度痛みがあらわれると歩行も難しくなりますが、進行していなければ休憩を挟めばまた歩けます。痛みが強くなるのは腰を反らす動作だけでなく、前かがみになる動作も同様です。

神経系の痛みなので、坐骨神経痛はズキズキとしたり、ピリピリと神経に電気が流れるような感覚を覚えます。いわゆるぎっくり腰とは違い、坐骨神経痛では発症のきっかけが思い当たらないことが多く、気がついたら発症していたということが多いです。
しかし症状のあらわれ方や強さは様々なので、症状が軽くても油断せず、早めに受診して治療を始めるのが賢明です。

坐骨神経痛でお悩みの方は当院にお任せください

現在の坐骨神経痛の原因や痺れ、痛みの状態をしっかりと把握することで、それぞれの状態・状況に合わせて刺激するツボを選びながら、坐骨神経の痛みの信号や痺れの信号を、鍼治療によるツボからの信号で上書きして、痛みや痺れを緩和させて行きます。

さらに、鍼治療は疲弊した坐骨神経周辺の血行を良くすることで患部に栄養をしっかりと届け、神経細胞の再生を促して行きます。
他の治療院では良くならなかったという方も、哲学堂鍼灸院にご相談ください。

 

CONTACTお問い合わせ

哲学堂鍼灸院
TETSUGAKUDOU