パーキンソン病について

パーキンソン病について

現代の西洋医学では治療が困難な病気として『難病』に指定されている病気です。パーキンソン病の特徴は、50〜65歳に発症することが多く、高齢になるほど発病率が高くなると言われています。

パーキンソン病の一部には遺伝的な要因があると考えられるケースもありますが、多くの場合は遺伝的要素はなく、原因不明です。症状も人によって様々ですが、どのような症状があるのでしょうか。

 

パーキンソン病の症状と治療

よく見られる症状としては

  • 動作の遅れ
  • 歩幅が小さく狭くなる
  • 安静時の手足の震え
  • 筋肉のこわばり
  • 表情がうまく作れない
  • ふらついた時の姿勢の立て直しが困難

 

など、運動機能に障害があらわれてしまうことが特徴です。はじめは体の片側に出ていた症状が、ゆっくりと広がって反対側にも出るようになります。その結果、動くのが辛くおっくうになり行動範囲が低下してしまい、介護が必要になってしまうことがあります。

西洋医学では、薬物療法と運動訓練に関するリハビリ治療が主な手段となっています。筋肉の硬直を防ぐための血流を改善する薬が使われていますが、進行性の疾患なので根本的な治療がいまだに確立されていません。

 

パーキンソン病のお悩みは当院へ

パーキンソン病では、鍼灸治療で神経系や筋肉のこわばりをほぐすアプローチを病院の治療と併用することで、症状を軽減させることができる場合があります。

哲学堂鍼灸院では、鍼治療の本場である中国で鍼灸治療を学び、豊富な臨床経験をもったスタッフが効果を実感していただける施術を行います。

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

CONTACTお問い合わせ

哲学堂鍼灸院
TETSUGAKUDOU