顎関節症について

顎関節症について

虫歯や口内炎、歯周病、知覚過敏、ドライマウス、口唇ヘルペスなど、口にまつわる疾患にはあらゆるものがありますが、顎関節症もそのひとつです。

顎関節症の原因と症状

顎関節症は噛み合わせの不具合や精神的なストレス、歯ぎしり、食いしばり、頬杖などにより顎関節に負担がかかることが原因で発症します。顎を動かしたときに関節から変な音がしたり口を大きく開けることが出来なくなったり食べ物を咀嚼するときに痛んだりなどの症状が出ます。

歯医者さんで検査や治療を受けることが出来ますが、日常的な行動の癖やメンタル不調などが原因になる疾患ですので、日頃の生活習慣を見直す必要があります。左右のどちらかの歯で食べ物を噛む、頬杖をつくなどの顎の歪みにつながる癖は直さなければなりませんし、ストレスによるメンタル不調を感じているならメンタルヘルス対策も講じるべきです。

噛み合わせの悪さが原因である場合は、顎関節症の治療と並行して歯の矯正治療も行われます。矯正で噛み合わせが整えば変な噛み癖も解消されますし、顎関節に余計な負担もかからなくなります。歯医者さんでの治療を受けた後も油断せず、メンタルヘルス対策に努めながら再発予防も意識すべきです。

顎関節症は当院にお任せください

顎関節症は歯軋りや噛み締め、噛み癖などによる咀嚼筋と呼ばれる顎を動かすための筋肉の緊張によるバランスの崩れや、首肩凝りによる咀嚼筋の緊張を促す環境などが原因となっているので、まずは、人それぞれ原因となっている問題が何か、それに対してどのようにアプローチをしていくのかを、しっかりとカウンセリングさせていただきます。

その上で、鍼治療で咀嚼筋の緊張を和らげることで、筋肉の緊張による顎関節の動きの不具合や痛み、開口障害などを取り除いていきます。顎関節周囲の筋肉が緩むことで顎関節がかなり楽になっていきます。

さらに、ストレスなども大きな影響があるので、全身のツボを使いながら自律神経の緊張を緩和し、全身のバランスを整えていきます。そうすることで、身体全体の緊張が解れて、緊張で詰まっていた顎関節に隙間が生まれ、関節のズレが整っていきます。

 

CONTACTお問い合わせ

哲学堂鍼灸院
TETSUGAKUDOU